MOSALOOP

カジが“気が向いたら更新”のゆる〜いスタンスで書いている自転車系ブログ。

初めてサイクルウェアを買ってみたよ【実走編】

f:id:kajiringo:20151206102207p:plain

 この記事は「初めてサイクルウェアを買ってみたよ【購入編】」の続きです。 

kajiringo.hatenablog.com

 まだ読んでいない方はこちらを先に読むことをお勧めします。



こんにちは、1ヶ月以上ぶりにブログの記事を書いているかじりんごです。

相変わらずの不定期更新ですいません。
ブログに書くネタは有るには有るんですよ。でもなかなか時間がなくてですね...

まぁYouTubeもブログも「気が向いたときに更新」というスタンスでやってますし。

と、そんなことは置いておいて、本題に入ります。

サイクルウェアを買ってきた日の夜はもうテンション上がりまくりで、明日にでも実際に着て走ってみようと思っていました。

そして次の日の朝。天気は快晴、絶好のライド日和です。
さっそく出発しようとサイクルウェアに着替え家を出ようとしたその時、最初にして最大の難関が訪れます。

玄関出る瞬間がものすごく恥ずかしい。

田舎なので土地だけは無駄に広く、周りの家と多少離れているのがせめてもの救い。
しかし玄関を一歩出てしまえばもうこっちのもの。

だって走っているうちに慣れますから。

そもそも最近は弱虫ペダルやろんぐらいだぁす!など、自転車ブームが来ていることもあってロードバイク乗りがそこまで珍しくもないですから、大して気になりません。

20kmほど走ると今回の目的地に到着です。

今回行ってきたのは、栃木県鹿沼市にある「清流の郷かすお」という直売所。
直売所と言っても農産物の販売だけでなく、地元産のそばやうどん、種類も豊富な手作りジェラートなどを食べることができます。

でも今回はサイクルウェアのレビュー記事なのでここは割愛。

まとめ

実際に着て走ってみて良いと感じた点、少し気になった点を書き出してみました。

良いと感じた点
  1. ウェアが風でばたつかない
  2. ビブがぴったりしているためペダリングの邪魔にならない。
  3. お尻のパッドはありがたい
  4. 背中のポケットが想像以上に便利
  5. デザインがカッコイイ

1,2,3,は走りやすさに直結していますね。ランニングウェアで走っていた頃に比べかなりストレスが減りました。ただお尻のパッドに関しては長距離走らないとその恩恵を受けられない感じでした。また背中のポケットですが、とりあえずなんでも突っ込んでおけるのでかなり便利です。そしてなんと言ってもデザインがカッコイイ。自分が気に入ったものを着ていると、これだけでモチベーションが上がります。

少し気になった点
  1. 価格が高い
  2. 最初はやっぱり恥ずかしい

やはり気になるのは価格です。モノにもよりますが、今回のRaphaやパールイズミなどで購入するとそこそこお金がかかります。私は今回一気にウェア一式を揃えましたが、セール時に買っても計¥37,100かかりました。

今回、初めてサイクルウェアを購入しましたが、全く後悔はなく、大満足です。
また、ウェアを選ぶうえで、カジュアルに乗りたいと思うのならカジュアルなウェアを、本格的に乗りたいと思うのならレーシーなウェアを、というふうに「自分がどのように自転車に乗りたいのか」を考えて選ぶことが重要だと感じました。

 

それではまた次のエントリで!