MOSALOOP

カジが“気が向いたら更新”のゆる〜いスタンスで書いている自転車系ブログ。

Garmin edge520jを購入したので簡単にレビューするよ

f:id:kajiringo:20160106181058j:plain

※このエントリは昨年の12/26に書き始め、年が明けるまで放って置かれた(その理由は後ほどブログで)ものを正月に書き終わらせたものです。そのため季節感がおかしなことになってます。ごめんなさい。

 

こんにちは、かじりんごです。

私のもとにも2日遅れでamazonという名のサンタがやってきました。

ベッドの横に置いた靴下 amazonの箱を開けると、そこに入っていたのはこちら。

f:id:kajiringo:20151228143255j:plain
そう、タイトルにもある通りGarmin edge520jです!
いやーロードバイクを始めた時から「いつかはガーミンユーザーに」と思ってたんですが、まさか初サイコンがガーミンになるとは自分でも予想してませんでした(笑)
ちょうど新しいモデルが発売したのと、お金に余裕ができたので「これはもう買うしかない!」と。今までサイクルコンピューターも持ってませんでしたし、タイミング的には今買うのがベストだと判断した結果です(笑)

それではレビューしていきましょう!

※この記事ではGarmin Edge520Jをざっくりとレビューしていきます。詳しく知りたい方は他のブログを探してみてね!

購入したもの

  • Edge 520J セット

  • シリコンケース Edge 520用(Black)

  • 液晶保護フィルム

  • Rec Mounts Type8

  • CATEYE Volt400

 ではでは開封しますよ!

\ ドドン!/

f:id:kajiringo:20151228150017j:plain
パッケージを開けたらまず製品が目に入るパッケージングはAppleに似てますね。
内容物は以下の通り。

f:id:kajiringo:20151228150259j:plain

  • Edge520本体
  • 説明書
  • センサー(心拍,スピード,ケイデンス
  • USBケーブル
  • マウント類

やっぱり高額なだけあって付属品も多いですね!
さっそくセットアップしようと説明書を手に取ると......
分厚い!!!
そのページ数、なんと272ページ!
こんなに分厚い説明書見たのは久しぶりです。

分厚い説明書のページをめくりながらセッティングしていると、ボタン操作が購入するにあたっての不安要素の一つであったことを思い出しました。
このEdge520(J)ではEdge510(J)のタッチパネル操作からボタン操作へ変更されています。
ただ、防水加工がしてあるためかボタンが固めであること、文字入力が面倒であることを除けば問題は今のところありません。
また、購入前に色々調べていた際

「タッチパネルに比べて直感的に操作できない」

という文を見かけたのですが、確かに直感的には操作できないものの、基本的な操作さえ覚えてしまえばもうそんなことは関係ないと言えます。慣れてしまえばこっちのもの。
むしろ、ウィンターシーズンなどでのグローブを着用しての操作ではボタン操作が有利だと個人的には思います。

少し話がそれましたがレビューの続きを......

まぁそんなこんなでセッティングをしまして、残すはセンサーとのペアリングのみ。
「ペアリングかーめんどくさくないといいなぁー」なんて思ってたんですが、まさかの“センサーを取り付けてホイール(クランク)を数回まわすだけ”というお手軽さ。

センサーの取り付け方法ですが、Edge520Jに付属していたものは以前のタイラップで固定するものではなく、ゴムバンドで固定する新しいものでした。手軽に取り外しができる利点がある反面、簡単に盗まれてしまうため長時間駐輪する際は一々外す必要がありそうです。

さて、セットアップも終わったし画面保護フィルムも貼ったし、自転車に取り付けよう!となるわけですが、私は今回、付属のマウントを使用しません。

ここでようやく一緒に購入したRec Mountsが登場します。
Rec Mountsの魅力はなんといってもその多種多様な組み合わせ。膨大な組み合わせの中から自分の目的に合ったものを選ぶことができます。
私が選んだのはType8をベースマウントに、下部にCATEYEのライトを取り付けられるアダプタが付属しているもの。そう、今回一緒に購入したVolt400とEdge520Jの二つを一つのマウントに取り付けてしまおうという魂胆です。

マウントの組み立て・取り付けは簡単にちゃちゃっと終わらせて、Edge520JとVolt400を取り付けるとこんな感じ。
(暗くてよくわからなかったらごめんなさい)

うん、いい感じ。
私が目指していたハンドル周りに一歩近づきました。Volt400も以前使用していたライトとは比べ物にならないくらい明るいし、街灯がある道でのナイトライドで使用するには充分すぎるくらいです。

しばらく使用してから、使用感などを追記しようと思います。

 

-ここから追記-

 

3ヶ月使用してみて

3ヶ月使用して感じたのは、ライドが圧倒的に便利に、楽しくなったということ。故障やトラブルは全く無く、今のところ価格以外はメリットしかありません。また購入してから1ヶ月ほどで自分に必要な機能、不必要な機能が分かってきて、表示項目などもカスタマイズし、今は自分が1番使いやすい状態で使っています。現時点では購入して正解だったと感じています。

 

ガーミンを導入して変わったこと

スマホのバッテリを気にしなくて良くなったのが個人的には1番大きかったです。
というのも、ガーミンを導入するまではスマホのアプリでデータを計測していたので、ロングライドの終盤になると動作が重くなる上にバッテリの減りも早く、かなりストレスになっていました。そのストレスから解放されたことによって楽しくライドできるようになりましたし、そもそもガーミンを導入した1番の目的がこれですから。

あとはより正確にデータを計測できるようになったことですね。でもこれは他のサイクルコンピュータでも言えることです。

 

まとめ

まとめるとこうです。
何か目的があって、それが満たされるなら買い
金額的に大きな買い物ですが、この条件に合っているなら買って損はないでしょう(当たり前)。

 

ここまでこんな薄っぺらいレビューを読んでいただきありがとうございました。

では。