MOSALOOP

カジが“気が向いたら更新”のゆる〜いスタンスで書いている自転車系ブログ。

ロードバイク歴1年未満の初心者がFestive500に挑戦してみたよ

f:id:kajiringo:20160318155259j:plain

こんにちは、かじりんごです。

先日、あるものがイギリスから届きました。コレ↓です。

f:id:kajiringo:20160317174405j:plain

もしかしたら、この写真を見てピンとくる人がいるかも?
いや、この写真でピンとくる人はタイトルの時点で気づいてますね笑

そう、昨年末に参加した“Festive500”の達成記念ワッペンが届いたのです。

 

Festive500とは

Festive500を知らない人のために、簡単に説明したいと思います。
Festive500とは、イギリス発のサイクルウェアブランドであるRaphaが、2010年から毎年開催しているイベントのこと。そのルールは単純で、クリスマス・イヴから大晦日までの8日間で500km走りきること、ただそれだけです。
そして500km走りきった挑戦者には、達成記念ワッペンが送られます。

もっと詳しく知りたい方はRaphaの公式サイトをご覧ください。

Rapha | Festive 500 2015

 

8日間の記録

ワッペンを開封する前に、振り返りも兼ねて8日間の私の走行ログを、簡単なコメントとともに紹介します。無計画に走ったので参考にはならいと思いますが、一応。

興味がないという方は飛ばしてください。

1日目:走行距離111.7km【積算111.7km】

1日目はいきなり100km以上走行。

2日目:走行距離81.4km【積算193.1km】

2日目。1日目の疲れが完全に取れていなかったのか調子が悪く、途中で引き返す。筋肉痛は無し。

3日目:走行距離12.5km【積算205.6km】

3日目。本来は休息日にするつもりだったが、注文したGarminEdge520Jが届いたので設定を済ませ軽く試走。僅かに筋肉痛。


4日目:走行距離100.2km【積算305.7km】

4日目。前日休んだからか調子が良く、約100km走行。筋肉痛は僅か。3日間全く同じルートを走行しているためか飽き始め、自転車に乗ることが精神的に苦痛になってくる。

5日目:走行距離56.7km【積算362.4km】

5日目。同じコースで走る単調さに耐えられなくなりルートを変える。僅かに筋肉痛。

6日目:走行距離52.6km【積算415km】

6日目。前日行った栃木市の景観が良かったので、一眼レフを持ってもう一度同じルートを走る。筋肉痛。

7日目:走行距離85.5km【積算500.5km】

7日目。この日で達成してしまいたかったので多少無理してでも85km走り、無事500km達成。筋肉痛。

 

挑戦してみて

今回、初めての挑戦にしてなんとか達成できたわけですが、終わってから「しばらく自転車乗らなくていいや…」なんて思うほど私にとって辛い挑戦でした。でもそれと同時に、(決して誇張ではなく)今までの人生でTop5に入るほどの達成感を味わうこともできました。

このFestive500は毎年開催されていますから、今回の反省点を生かし、次回の新しい目標を達成する、そんな楽しみ方もあると思います。

私も来年のFestive500に参加するつもりです。今回は500kmを達成することが目的でしたが、2016年では今回の反省点を生かし、新しい目標に挑戦するつもりです。

反省点

  • 具体的なプランを組まず、無計画に走ってしまったこと
  • ルートを数パターン用意しておかなかったこと

 

そして、このFestive500は達成したら終わりではないんです。Raphaの専用フォームにアクセスし、達成記念ワッペンの申請をしましょう。この時、自分が500km走った証明になるもの(私はSTRAVAのURLを添付しました)が必要になります。
申請が終わったら、ワッペンが届くのを待ちましょう。



申請から約2ヶ月が経った頃、何やらイギリスから荷物が届きました。

ここでやっと、記事の冒頭に繋がるわけです。

では早速開けてみましょう!

f:id:kajiringo:20160318153720j:plain

f:id:kajiringo:20160318153946j:plain

中にはワッペンと、両面に色々印刷された厚紙が入っていました!

正直、「参加費が要らないイベントだし、ワッペンもそんなに期待しないほうがいいかな…」なんて思ってたんですが、いい意味で予想を裏切られました。
作りもしっかりしていて安っぽさなんて皆無です。

f:id:kajiringo:20160318155259j:plain

そしてこちら↓は同封されていた厚紙。

f:id:kajiringo:20160318155832j:plain

ワッペンですから本当は何かに縫い付けるのが正しい(?)のでしょうが、私はなんだかもったいないと思い、写真立てに入れて飾ることにしました。

f:id:kajiringo:20160318160156j:plain

ちなみにこのワッペン、毎年デザインが変わるんです。
私は「これから毎年参加して集めていこうかな…」なんて思ってます。

 

Festive500まとめ

  • 参加費が要らない
  • 全世界どこからでも気軽に参加できる
  • 初心者でも頑張れば達成できる程度の高過ぎない目標
  • 達成した時のたまらない達成感
  • クオリティの高い達成記念ワッペン

このFestive500は、気軽に参加できて達成できたら大きな達成感を味わうことができ、たとえ達成できなかったとしても良い思い出になる、素晴らしいイベントだと感じました。また達成記念ワッペンも、STRAVAのバッジのようなデータ上のものではなく、こうして実際に手にすることができる点で良い記念になります。

500kmと聞いて怖気付いてしまうかもしれませんが、私のようなロードバイク歴1年未満の初心者でも、頑張ればこうして達成できました。

このエントリを読んで興味を持ってくださった方は是非、今年のFestive500に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

それでは次のエントリで。

広告を非表示にする